橘 更紗

スピリチュアルメッセンジャーとしての想い


スピリチュアルリーデイングは霊界通信のことを言います。霊的世界との通信を取ることを指します。

更紗のスピリチュアルリーディングはガーディアンスピリット、ガイドスピリット(ご守護霊の方々)から伝わってくることを通訳させていただき、あなた様の魂に今、必要なメッセージをお伝えさせていただいております。

日本ではスピリチュアルカウンセリングのほうが認知度が高いようです。

 

スピリチュアルリーディングは、誰かわからない存在とのコミュニケーションではありません。例えば、大切な故人との通信の場合、ご相談者様が間違いないと感じられる「証拠(エビデンス)」をセッション時に提示していきます。

また、ご守護霊からのメッセージの場合、そのプロセスやどの階層のスピリットと繋がるリーディングセッション(形、方法)かはスピリチュアルカウンセラー/メッセンジャー(霊媒)の個性、価値観によりさまざまなようです。

 

では霊的真理とは何でしょうか。現在は様々な関連書籍が出ておりますが記述の仕方が違っていても、どれも「真実の愛」を伝えてくださっています。自分の愛し方、パートナーシップ、子ども、その他の人間関係などの「真実の愛」を知るテキストといえるようです。それと同時に「命の使い方」も教えてくださっています。それらは、自らの魂の声を聴くための手段方法のテキストとも言えるでしょう。

そして、私たちが生まれて来た理由、生き方、心のあり方など、たくさんの愛を思い出すために、霊的世界の方々は、日々さまざまな手段方法で私たちの人生という学びを見守り導いてくださっています。

 

日本において霊的な世界を見たとき、古来より古神道にさまざまな宗教を取り込み、和を尊び、ものごとを受け入れる風土からの捉え方は欠かすことができません。植物、鉱物、山、雲、気候など・・・全ての中に神様が宿るという自然信仰がございます。卑弥呼を筆頭に古来より神様や自然霊(神)の言葉をお伝えする役目を担っていたのは巫女や神職の方々、そして僧侶の方々だったようです。

それは日本の神道をなどをはじめとして、信じなくては救われないという宗教ではなく、自然をはじめとするあらゆる存在への敬意を表す信仰という、日本人のこころの在り方と理解しております。

 

橘更紗のスピリチュアルセッションは、私の霊的価値観(霊性)を用いて私のご守護霊と、あなた様のご守護霊の共同作業で行われる通訳と真実の愛をお伝えするセッションとなっております。まず、ご守護霊からあなた様へのメッセージをお伝えいたします。霊界との交信は通常とても繊細で集中力を要します。繰り返しセッションを受けられますと、信頼関係が深くなりますため、より踏み込んだ深いリーディングになっているように感じます。それは人間どうしのコミュニケーションが初対面より、繰り返し会うと深まるのと同じとお考えください。グリーフケア(死別による悲観回復)が必要な方でエビデンス(科学的根拠)を必要とされる方にはスピリットが詳細に伝えてくださいます。ご本人しか知りえないスピリットからのメッセージを通訳させていただきながら、必要であれば霊的真理や、魂の気づきとなるセッションを行っております。あわせて、セッションのプロセスは、ご相談者様によって異なるようです。そこには私やあなた様のご守護霊の計らいも多くあるように思われます。

 

そして、セッションのお時間内は、あなた様とご縁のあるスピリットの方のもの、と心得て活動しております。

セッションにお申込みされた時点より、ご守護霊からのヒーリングエネルギーは、あなた様の心と身体と魂に届き始めているようです。

 

今世、私が現在の日本に生まれ育まれたことに誇りと喜びを感じていますことから、日本の文化や心のあり方、高い精神性を継承しつつ、自らも日常で魂に磨きをかけることを怠ることなく精進していくことを心に決めております。そしてお会いする方にスピリチュアルセッションを通じて高次の世界の言魂をお届けしてまいりたいと思っております。スピリチュアルメッセンジャー(高次の世界の通訳)として生かしていただいていることに、感謝と喜びをもって日々セッションに携わらせていただいております。

 

 

 

橘 更紗